3色でまとめるとおしゃれに見えやすい

統一感のあるコーディネートがおしゃれのコツ

コーディネートをおしゃれに見せようと重ね着したり小物アイテムを追加しているうちに、なんとなくゴチャッとした印象になってしまうことはありませんか?また、アイテム一点で見るとすごくおしゃれなのに、いざコーディネートとして組み合わせて着てみると何か違うと疑問に思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは、コーディネート全体に統一感があるかどうかを確認してみるといいでしょう。なんとなく柄入りのアイテムを選べばおしゃれになるのではないかと思っても、トップスとボトムスに違う柄と色が使われていれば全身に統一感が生まれません。また、色が多くなればなるほどコーディネート全体をまとめるのが難しくなるので、できるだけ色数を抑えるようにするといいでしょう。

コーディネートに使う色は多くても3色までに

結論からいうと、コーディネートに使う色は多くても3色までにおさまりきるよう意識するとおしゃれに見えやすいです。まず、ベースとなる色が1色。黒やネイビー、白など無難な色のアイテムを、コーディネート全体の面積を占める割合が多くなるようにします。次に、ベース色と相性のいいカラーが1色になるようにします。似ている色合いの同系色のアイテムを選んだり、反対色でも相性のいい組み合わせとなるカラーのアイテムを選んだりすると統一感が生まれます。 これだけだとだいぶシンプルな印象になってしまうので、最後に靴やカバン、アクセサリーといった小物でもう1色足すことでおしゃれに見えやすくなります。コーディネートを組み合わせてみて本当にこれでいいかな?と疑問に思ったときは、3色に絞り切れているか確認してみるといいでしょう。